ディファイン・カスタマー・サポート

SSLサーバ証明書の更新

SSLサーバ証明書の更新は、すでに発行済のSSLサーバ証明書と同一の製品に限り、有効期間を追加(再発行)することです。

ブランドまたは製品を変更した場合は、更新とはならず新規となります。

また、デジサートグループ製品は、更新の対象となる(既存の)証明書と、同じ代理店経由での購入およびお手続きが必要です。

弊社以外で購入された証明書から、弊社にお乗り換えの場合は「新規」となることをご留意ください。

弊社にてご購入いただき、新規となっても、他社様で更新されるより、一日あたりの費用は大幅なコストダウンとなります。

更新のお手続きは、新規と同様、ご購入手続き、発行申請手続き、承認(審査含む)手続きが必要となります。

更新手続きは、有効期限の30日前から有効期限当日までの期間で発行申請する必要があります。有効期限の31日よりも前に申請すると更新とはなりませんのでご注意ください。

証明書有効期限の31日, 14日, 7日,1日前に、それぞれ証明書有効期限のお知らせメールが届きます。事前の手続きによって、証明書の有効期限までの日数に応じた、延長日数が追加されます。

SECTIGO(COMODO)製品
証明書の有効期間残日数に関わらず、30日の延長日数が追加されます。
対象製品: SECTIGO SSL, COMODO SSL, InstantSSL, EnterpriseSSL, InstantSSL, EssentialSSL, PositiveSSL
DegiCert製品
証明書の有効期間残日数によって、397日を上限に延長日数が追加されます。
対象製品: デジサート・スタンダードSSL, セキュア・サーバID, グローバル・サーバ ID, トゥルービジネス ID, クイック SSL プレミアム, ジオトラスト DV SSL, ラピッドSSL

※対象製品には、EV、スタンダード、ワイルドカード、マルチドメイン、マルチドメイン・ワイルドカードを含みます。

SSLストア
2021年6月30日をもって閉鎖となりました。

ストアフロント
SSLストアにアカウントをお持ちの場合も、新規アカウントを作成いただく必要があります。

 

©2011 DEFINE('LLC', 'Limited Liability Company');